貿易事務で知りたい情報|英語力を活かすなら貿易事務がおすすめ!【魅力や働き方を紹介】

仕事をこなしてスキルアップが出来る!

貿易事務と言っても業務内容は多岐に渡るので、仕事を通して自分自身の成長にも繋がります。専門的な知識やスキルが必要とされますが、それ以上にやりがいを感じる仕事でもあります。そこで、貿易事務でのやりがいなどを実際に確認してみると良いですよ。

貿易事務で感じるやりがいや魅力BEST5

no.1

語学力を活かせる

英語を存分に活かせる仕事として注目を集めている貿易事務。自分が持っている英語スキルを発揮できることがやりがいと感じる人が多いでしょう。また、常に英語に触れていくので、より英語の質を高めることも出来ますよ。

no.2

海外文化に触れられて楽しい

貿易事務では海外企業の方と頻繁に連絡をする機会があります。そこで、日本とは異なる文化を知ることが出来ることがあります。仕事を通して、新しい発見が出来るということは非常に魅力的でしょう。

no.3

スキルアップが出来る

パソコンを使用して書類作成、データ入力、納品管理などを行なっていきます。最初のうちは難しいと感じますが、仕事をしていくうちにパソコンのスキルや事務処理能力などが身に付いていきます。貿易事務は確実にスキルアップすることが出来る面を持っています。

no.4

キャリアを積むことが可能

事務となっていますが、貿易事務は通常の事務と違って専門的な知識が重要です。そのため、求人などを見てみると経験者を求める記載が多いでしょう。もし、貿易事務の仕事にブランクがあっても再度復帰することは可能なので、長いキャリアを持てるでしょう。

no.5

専門的な知識を身に付けられる

貿易の輸出入に関する業務をしていくので、それらの知識を十分に身に付けられることもやりがいと感じるようです。また、貿易に関する知識以外にも仕事で担当する国の知識も吸収できることがあります。

貿易事務で知りたい情報

女の人

未経験でも働ける

貿易事務は貿易に関する知識や英語のスキルを求められるため、経験者しか働けないイメージがありますが、実際は未経験者でも挑戦することは可能です。なお、未経験でもある程度の知識を持っていると有利なので、色々と勉強していくことがおすすめです。派遣会社を利用する場合は貿易事務に関する研修やセミナーを行なっているので、それらを利用するのも良いでしょう。

未経験で任される業務

未経験で貿易事務の仕事をする場合、最初は簡単な事務作業からはじめていきます。書類作成やチェック、データ入力など最初から行ないやすい業務からこなしていくでしょう。その中で研修などを受けながら、貿易事務の仕事や流れについても把握していきます。最初から難しい業務を任されたりしないので、安心してください。

貿易事務で有利となる資格

貿易に関する資格を取得していると、貿易事務で働く際に便利となります。貿易の資格には主に「通関士」と「貿易実務検定」が有名になります。その他にも英語のビジネス文書を作成する際の資格もありますよ。これらの資格を取得していないと就職することは出来ないことはないですが、持っていると有利になります。

英語を使用しない貿易事務もある

英語を使用するのが当たり前だと思いますが、実は英語を必要としない貿易事務の仕事もあります。通関業者関連の貿易事務だと、主なやり取りは国内企業なので英語の必要がありません。貿易事務の仕事は気になるけど英語はあまり得意ではないという方は、このような貿易事務に挑戦していくと良いですよ。

広告募集中